結婚相談所で結婚できない人はこんな人!結婚できる人との違いとは?

結婚できずに悩む女性結婚相談所
もしかして、迷ってますか?
【保存版】結婚相談所の選び方を徹底解説!失敗したくない女性必見!
資料請求せずに結婚相談所へ入会するとほぼ確実に失敗します!

一社だけの資料請求だと比較ができないので、料金が高いのか安いのかもわからないからです。

結婚相談所によってシステムも様々なので、高い入会金を払った後に「こっちの方が良かった...失敗した...」なんてことにも!

そうならないために、複数の資料請求は必須。まずは「比較ネット」で大手結婚相談所12社の中から、あなたに合った結婚相談所を見つけましょう。

もちろん、資料請求は無料です。

しかも、こちらから資料請求後に入会すれば、婚活支援金30,000円がもらえます!

婚活支援金がもらえるのは「比較ネット」だけなので、結婚相談所に興味があるならこのサイトを利用しないと、かなり損しちゃいます♪

ただ、婚活支援金の支給は、人数に限りがあるので、終了してたらゴメンなさい(^^;)

比較ネットはこちら

皆さんは、結婚できない人と聞くとどんな人を想像するでしょうか?

結婚できずに悩む女性

容姿が悪い?年収が低い?

いえいえ。実はそんな目に見えるものよりももっと内面的なところに問題があるのです。

「でも、婚活の重要点は見た目や年収じゃないの?」

と思っちゃいますよね。

では、実際に内面的な問題とはどんな所にあるのでしょうか?

今回は、結婚相談所の実態から結婚できない人の特徴を取り上げます。

また、反対に結婚できる人とはどんな人なのかも見ていきましょう。

この記事を読めば、行き詰まった婚活を助けるヒントが見つかりますよ!

色鉛筆で描いた電球の絵

結婚相談所ってどんなところ?

結婚相談所とは実際にはどんなところなのでしょうか。

まだ入会したことのない方のために、簡単に説明します。

 

結婚相談所の男女比

結婚相談所といえば結婚したい人が結婚相手を探すために集まるところですよね。

気になる男性と女性の割合を比べると、男性4割、女性6割の結婚相談所が最も多いようです。

実は結婚相談所での婚活市場では、男性不足と言われています。

しかし、結婚相談所によっては男女比が均等に近かったり、男性の方が多い結婚相談所もあります。

結婚相談所への入会を検討する場合は、その結婚相談所の男女比に関する情報を見てみるのも良いかもしれないですね。

 

成婚率

クラフトハートの男女マーク

実は結婚相談所での成婚率はそれほど高くはありません。

相談所によっては1割、というところも。

これだけでも結婚相談所に入会さえすれば結婚できるわけではない、ということがわかりますね。

ただし結婚相談所によって、成婚率の高さや成婚率の計算方法は異なります。

出来るだけ、成婚率の高い結婚相談所を探して入会しましょう。

 

結婚相談所で結婚できない人はこんな人

先ほど、結婚相談所に入会したからといって、必ず結婚できるわけではないと述べました。

結婚相談所に入会しても、結婚できない人とはどんな人なのでしょうか。

 

理想が高く条件ありきの相手選び

結婚相談所に入会すると、必ず相手への希望を聞かれます。

理想があることは大事なことなのですが、あまりにも自分の理想の条件に固執しすぎるのも考えものです。

女性であれば、理想の相手の条件は年収1000万円以上、身長180cm以上などがよくあげられます。

その条件にばかりこだわって、相手の内面を見ようとしなければ、良い出会いに恵まれることは少ないでしょう。

また、自分自身のことを客観視出来ていない場合もあります。

果たして自分の掲げる理想の相手に、自分自身は見合う人間になっているのか、今一度しっかりと考えてみる必要があるでしょう。

 

プライドが高く行動が消極的

頬を両手で覆うビジネスマン

プライドの高さが異性との出会いの邪魔をすることがあります。

プライドの高さゆえに、相手を自分から誘うことが出来ない等、行動が消極的になってしまうことがあるからです。

結婚相談所においては、とにかく出会いの数を増やすことが大切です。

少しでも良いかな?と思える人がいれば、とにかく会ってみるべきです。

またファーストコンタクトの後、相手からのアクションが無くとも、自分から働きかけて次の行動を起こすことができる人の方が、チャンスは広がります

このように、結婚相談所では相手からの行動を待つ人と、自分から行動を起こせる人とではチャンスの数に大きな差が開いてしまうのです。

出会いの場では一度、プライドとという概念を取り払ってしまうことが必要だと言えます。

 

相手のことを減点方式で考える

相手のことを減点方式で見てしまう人はせっかく良い出会いがあった後でも、成婚率を下げてしまいます。

減点方式とは、なんとなく気になるところや、自分が望む条件と少しでも違うところがあるとダメだと考えてしまうことでもあります。

あれもダメ、これもダメ、と思っているうちに自分が良いと思える人がいなくなってしまうのです。

そうして、結婚相談所に入会したけど全然良い人がいない、という愚痴につながります。

そういう人がいる一方で、相手を出来るだけ減点せずに、良い結婚相手を見つけて退会していく人もいるのです。

 

結婚できる人の特徴

では、結婚相談所で結婚できる人の特徴や、結婚できない人との違いはどんなものなのでしょうか。

 

自分なりの理想がある

先ほど結婚できない人の特徴として、「理想が高く条件ありきの相手選び」とあげました。

この特徴は、世間一般で良いとさている条件を掲げ、その条件に合わない人は一切ダメだと思ってしまう考え方です。

「自分なりの理想」は違い、自分にとって譲れない条件や、自分にとって好ましい理想を持っている、という事です。

まったく理想がなく、どんな人でも良いというのでは、出会った人に対して

「この人良いかも!」

と思うキッカケを掴めなくなってしまいます。

しっかりと自分が求めているものが分かっている人は、良い出会いや良い結婚相手を見つける事が容易になります。

大切なのは世間一般に良いとされている条件ではありません。

何か1つでも、自分にとって相手のことを好きになるために必要な条件を持つことが大切なのです。

 

気遣いができる

手の平に浮かぶハート

気遣いができる人は、男女ともに人気があります。

相手が自分のことを気遣ってくれると、ちゃんと自分のことを気にかけてくれているのだなと感じて、好印象につながるからですね。

気遣いが出来る!と聞くと難しく感じますが、かける言葉はとても単純なことです。

「寒くないですか?」や、

「お手洗いは大丈夫ですか?」

または食事の場面で、「料理はお口に合いますか?」

など、相手の状況を伺うだけで相手のことを気にかけていることになります。

これだけでぐんと印象がアップし、自分の内面を見てもらえるチャンスにつながっていくわけですね。

 

加点方式で相手を見る

結婚できない人の特徴とは真逆で、相手を加点方式で見ることのできる人は出会いが結婚につながりやすいと言えるでしょう。

加点方式とは、少し自分の条件と合わない部分があっても減点する事なく、他の良いところを見つけて加点できるという事です。

そうしていけば、簡単に相手を見切る事なく相手の内面を見る事ができ、本当に自分と合う人なのかどうか、向き合うチャンスを掴めます。

この時に自分なりの理想があれば、相手を吟味する材料にもなりますよね。

相手の雰囲気や人柄を良いと思ってから、その人の条件を見てみましょう。

それは容認できるものなのかどうか、その時初めて条件に対して考え始めても遅くはないのです。

 

まとめ

ハッピーハート

いかがでしたか?

今回は結婚相談所に入会して、結婚できない人と結婚できる人との違いを見てきました。

結婚できない人の多くは、「相手に対する感情が分からない」という人が多いのではないでしょうか。

婚活といえど、恋愛感情を抜きにして考えることはなかなか難しいです。

条件を1番に持ってくるより、相手に対する感情を最優先にするのも、結婚に近づく一つの手段かもしれません。

 

 

アドバイザ
アドバイザー
簡単な診断であなたにピッタリの結婚相談所がわかる!
資料請求は複数するのが当たり前です。
でも、数ある結婚相談所の中から、どこに資料請求したらいいのかも迷いますよね。
なので、まずは比較ネットの無料診断であなたにピッタリの結婚相談所を見つけましょう。
ピッタリの結婚相談所が見つかったら、資料請求!
比較ネットから資料請求をして入会すると、なんと婚活支援金30,000円もらえます!

比較ネットはこちら

 
 
くるみ
くるみ
資料請求した後、しつこい勧誘はないのですか?
資料請求をすると、電話やメールで連絡があるのは普通のことです。
もちろん、電話があったからといって必ず入会しなければならないということではありません。
資料を見て、断りたいと思ったら、きっぱりと断りましょう。

【結婚相談所】しつこい勧誘撃退!資料請求後の賢い断り方

コメント