実際に体験!結婚相談所に関する費用の総額は・・・

結婚式を迎えてウェディングドレスを着る結婚相談所
もしかして、迷ってますか?
【保存版】結婚相談所の選び方を徹底解説!失敗したくない女性必見!
資料請求せずに結婚相談所へ入会するとほぼ確実に失敗します!

一社だけの資料請求だと比較ができないので、料金が高いのか安いのかもわからないからです。

結婚相談所によってシステムも様々なので、高い入会金を払った後に「こっちの方が良かった...失敗した...」なんてことにも!

そうならないために、複数の資料請求は必須。まずは「比較ネット」で大手結婚相談所12社の中から、あなたに合った結婚相談所を見つけましょう。

もちろん、資料請求は無料です。

しかも、こちらから資料請求後に入会すれば、婚活支援金30,000円がもらえます!

婚活支援金がもらえるのは「比較ネット」だけなので、結婚相談所に興味があるならこのサイトを利用しないと、かなり損しちゃいます♪

ただ、婚活支援金の支給は、人数に限りがあるので、終了してたらゴメンなさい(^^;)

比較ネットはこちら

結婚を真剣に考えている方なら、ぜひ利用したいのが結婚相談所。

結婚式を迎えてウェディングドレスを着る

でも、一番気になるのは、金銭面ではないでしょうか?

いくらくらい必要なのかが分かれば、安心して結婚相談所を利用できますよね。

そこで、実際に結婚相談所を利用し、投じてきた金額を公開したいと思います。具体的な数字なのできっと参考になると思います。

ぜひ最後までご覧くださいね。

※結婚相談所によって、費用は異なります。今回、公開する費用は、筆者が利用した結婚相談所の場合になります。

結婚相談所の初期費用

まずは、結婚相談所に入会するにあたって必要になる費用から紹介します。

結婚に必要な費用計算

入会金

多くの結婚相談所は、入会金を支払うことになります。

筆者が入会したA社の場合は、32,000円でした。

 

お見合い写真代

お見合いの写真撮影

自分の情報を登録するにあたり、写真を提出する必要がありました。この写真は、第一印象を決める重要なもの。生半可な写真では、お見合いのチャンスを逃してしまうことも考えられます。

お見合い写真を提出するにあたって、結婚相談所が写真スタジオを紹介してくれました。筆者は、そのスタジオで写真を撮り、データを結婚相談所に提出しました。

気になる費用は、17,000円でした。この金額には、撮影代、メイク代、スタイリング代、データ代が含まれていました。

独身証明書発行費用

筆者の登録した結婚相談所では、独身証明書の提出が必須でした。独身証明書は、市役所等で発行してもらえます。

独身証明書の発行費用は、1通につき300円でした。

郵送での発行も可能だったので、筆者は市役所まで行かずに発行してもらえました。

お見合い用の洋服代

洋服代

お見合いに向けて、筆者は勝負服を新たに購入しました。服装は、第一印象を左右するものなので、慎重に選びました。

洋服、くつ、カバンまでを購入したので、総額で約60,000円かかりました。(今計算して、びっくりしました。)

継続してかかる費用

ここからは、結婚相談所で活動していくにあたり、継続してかかる費用について説明していきます。

月会費

月会費はどれだけのサポートを受けたいかによって大きく異なります。手厚いサポートになればなるほど、月会費もかさんできます。結婚相談所では、サポートの種類によって、コースが分けられており、コースによって月会費も異なりました。

ちなみに、筆者の場合は23,000円でした。

交通費

お見合いすることが決まった時にかかります。

お見合いする場所は、お相手との話し合いで決まります。近い時は、そこまでかかりませんが、遠い時はかなりかかる場合もあります。

筆者の場合は、平均して1回の往復1,000円でした。

食費

カフェの写真

こちらも、お見合いすることが決まった時にかかります。

お見合いする場所は、たいていカフェになります。

この時にかかる飲食費も、もちろん自己負担です。

ちなみに、男性側がおごってくれる場合もあります。筆者の体感では、8割くらいの男性がいっしょに支払ってくれました。(ありがとうございました。)この時、女性は食費がかからないです。ただし、男性は倍を支払うことになります。

金額は、だいたい500円前後でした。

気になる総額は・・・

さて、ここまで紹介してきた金額を合計していきます。ただし、ここからは、お見合いができたかどうかによって異なるので、分けてご紹介します。

総額を考える女性

お見合い相手が見つかった場合(1ヶ月分)

まずは、お見合い相手が見つかった場合の総額をご紹介します。

  • 入会費32,000円
  • 写真代17,000円
  • 独身証明書代300円
  • お見合い用洋服代60,000円
  • 月会費23,000円
  • 交通費4,000円(週1ペースでお見合いした場合)
  • 食費2,000円(週1ペースでお見合いした場合)

総額=138,300円

これに加えて、仮に成婚した場合は、成婚料がかかる場合があります。(筆者の登録した結婚相談所には、設定がありませんでした。)

また、結婚にむけてお付き合いを始めたら、デートの代金が加算されていきます。

お見合い相手が見つからない場合(1ヶ月分)

残念ながら、お見合い相手が見つからない場合についてもご紹介します。

  • 入会費32000円
  • 写真代17000円
  • 独身証明書代300円
  • お見合い用洋服代60000円
  • 月会費23000円

総額=132,300円

これに加えて、筆者の結婚相談所では、定期的に担当者が面談をしてくれるというサービスがありました。自分のどこを直せば、お見合いに結びつくかなどの作戦会議をしてくれます。

面談がある場合は、通うための交通費が必要になります。

まとめ

いかがでしたか?めちゃくちゃ高い!と思われましたか?意外と安い・・・と思われましたか?

実は、筆者が体験した結婚相談所A社の費用は、比較的安価です。他の結婚相談所では、月会費の桁が一つ違うところもありました。結婚相談所によって、かかる費用はピンからキリまであると言わざるを得ません。

しかし、月会費が多くかかる結婚相談所は、それだけサービスが豊富です。また、それだけの会費を支払うわけですから登録している人は、結婚に対して積極的な人ばかりです。

結婚相談所を検討されている方は、どのようなサービスなのか、どれくらいお金がかかるのか、しっかりとリサーチしてから、登録されることをおすすめいたします。

 

アドバイザ
アドバイザー
簡単な診断であなたにピッタリの結婚相談所がわかる!
資料請求は複数するのが当たり前です。
でも、数ある結婚相談所の中から、どこに資料請求したらいいのかも迷いますよね。
なので、まずは比較ネットの無料診断であなたにピッタリの結婚相談所を見つけましょう。
ピッタリの結婚相談所が見つかったら、資料請求!
比較ネットから資料請求をして入会すると、なんと婚活支援金30,000円もらえます!

比較ネットはこちら

 
 
くるみ
くるみ
資料請求した後、しつこい勧誘はないのですか?
資料請求をすると、電話やメールで連絡があるのは普通のことです。
もちろん、電話があったからといって必ず入会しなければならないということではありません。
資料を見て、断りたいと思ったら、きっぱりと断りましょう。

【結婚相談所】しつこい勧誘撃退!資料請求後の賢い断り方

コメント