結婚相談所で出会った、合わない相手の上手な断り方とは!

明るい花々結婚相談所
もしかして、迷ってますか?
【保存版】結婚相談所の選び方を徹底解説!失敗したくない女性必見!
資料請求せずに結婚相談所へ入会するとほぼ確実に失敗します!

一社だけの資料請求だと比較ができないので、料金が高いのか安いのかもわからないからです。

結婚相談所によってシステムも様々なので、高い入会金を払った後に「こっちの方が良かった...失敗した...」なんてことにも!

そうならないために、複数の資料請求は必須。まずは「比較ネット」で大手結婚相談所12社の中から、あなたに合った結婚相談所を見つけましょう。

もちろん、資料請求は無料です。

しかも、こちらから資料請求後に入会すれば、婚活支援金30,000円がもらえます!

婚活支援金がもらえるのは「比較ネット」だけなので、結婚相談所に興味があるならこのサイトを利用しないと、かなり損しちゃいます♪

ただ、婚活支援金の支給は、人数に限りがあるので、終了してたらゴメンなさい(^^;)

比較ネットはこちら

結婚相談所を利用して、いいかも!と思った相手でも、実際に会ってみたら意外と合わなかった・・・。

そのような経験をした人もいるのではないでしょうか?

そんな時、相手に悪いし、どうやって断ったらいいのか分からないですよね。

この記事では、結婚相談所で出会ったもものの、合わなかった相手の断り方を解説していきます。

相手を断る理由

結婚相談所でせっかく出会ったのに、なんで断るの?と思われる方のために、具体的にどのようなケースで断ることが多いのか、解説して行きます。

嫌ではないから、付き合ってみた

カフェで食事

結婚相談所に登録したものの、なかなかいい出会いに恵まれなかった方に多いケースです。

何度も何度もお見合いを重ねているのに、いい人に出会えない。すると、焦りが生まれます。

そんな時に、ちょっとでも気になる異性が現れると、嫌ではないから、なんとなく付き合ってみようとなるわけです。

しかし、実際に付き合ってみると、悪い人ではないけれど、なんとなく合わなくなるので、お断りしたくなるのです。

許容できないところを発見した

許せるかどうかで悩む

何回も会っているうちに、最初は気づかなかったけれど、これだけはちょっと・・・。と思うところがでてきます。

例えば、クセ。クチャクチャ食べるクセや妙な仕草など、お見合いでは気づかなかった、相手の嫌なところを発見することがあるでしょう。

相手の嫌なところが自分の許容範囲内を超えていた場合、お断りしたくなります。

価値観の決定的な違い

すれ違う男女

結婚相談所では、お見合いをする前に、担当者から自分の価値観について詳しく聞かれることが多いです。

というのも、近年、価値観の違いから、離婚したり、別れたりするケースが増えているからだと言われています。

結婚相談所側も、できるだけ価値観の近い男女を出会わせるように、努力してくれます。

しかし、付き合っているうちに、結婚相談所も把握していなかった価値観に触れることがあると思います。

その価値観が、自分と決定的に違っていたら、お断りしたくなるのも仕方のないことでしょう。

お断りする方法

ここからは、具体的にどのようにして断ればいいのかを解説します。

お断りの時期

二人でデート

常識で考えて、付き合い始めて3週間程度でお断りするのが筋でしょう。(デートの回数でいうと、3回以内

3週間以上になると、相手が真剣交際を考え始めるようになるからです。

短いと思われる方もいると思いますが、結婚相談所に入会している方は、少しでも早く結婚したいと思っています。

早い人は、1年で結婚が決まっています。

少しでもお断りしたいという気持ちになったなら、相手のリスクも考えて、早めにお断りをいれるのが、結婚相談所に入会した人のマナーです。

中途半端な関係を続けると、断るのが難しくなってしまいます。

断るのはメールでいいの?

お断りするメールを打つ

結婚相談所の場合、メールでお断りをいれるのは一般的なことです。

メールでなんて失礼じゃない?と思われる人もいると思います。しかし、婚活ならではの理由があるのです。

婚活中(真剣交際前)は、お付き合いの同時進行は当たり前です。

結婚相談所に入会する際に、同時進行が可能であるという旨を説明されます。

基本的には、男性も女性も同時進行しているので、メールでお断りを入れても構わないのです。

自分で断りをいれるのが難しい場合

結婚相談所で断りをお願いする

とはいえ、ここまで付き合ってくれた相手にお断りするのは、申し訳ない。お断りをしても、しつこく連絡されたらどうしよう。と思われる人もいるでしょう。

ここで登場するのが、結婚相談所の担当者です。

ほとんどの結婚相談所では、結婚相談所の担当者から、相手にお断りを入れてもらうことも可能です。

また、お断りをしたのに、相手からしつこく連絡が入るのは、ルール違反です。結婚相談所の担当者に対応してもらいましょう。

これこそが、結婚相談所を利用するメリットの1つでもあります。

有効的に活用しましょう。

実際にあった!断られた理由

では、結婚相談所に入会している人は、具体的にどのような理由で断っているのでしょう?

お互いの住んでいる場所が遠かった

もっと会いたいのに、お互いの住んでいる場所が遠かったことで、お付き合いが進まないということで断られたそうです。

将来設計が異なっていた

ごめんなさいと断る

付き合っていると、結婚後の生活について話す場面が出てくると思います。

例えば、相手が、両親と同居を希望していたり、子どもが欲しくないと言っていたりして、断ったケースがあるようです。

信頼できない相手だった

人の価値観にもよりますが、デートが1ヶ月に1回だったり、連絡が頻繁にとれなくなったりすることが多い場合に起こるケースです。

結婚相談所に入会している人は、時間的に焦っている人が多いです。このように、引き延ばされると、時間がもったいないですよね。

まとめ

まとめ

結婚相談所で出会ったとしても、結婚までたどりつく可能性は、決して高くありません。

お断りするのはよくあることであり、普通です。

なので、あなたが罪悪感を抱く必要はありません。

だらだらと関係を続けるよりも、次の出会いに歩み出す方が、相手にとってもあなたにとっても幸せです。

ただし、断る際には相手の気持ちに十分配慮して、断るようにしてくださいね。

 

アドバイザ
アドバイザー
簡単な診断であなたにピッタリの結婚相談所がわかる!
資料請求は複数するのが当たり前です。
でも、数ある結婚相談所の中から、どこに資料請求したらいいのかも迷いますよね。
なので、まずは比較ネットの無料診断であなたにピッタリの結婚相談所を見つけましょう。
ピッタリの結婚相談所が見つかったら、資料請求!
比較ネットから資料請求をして入会すると、なんと婚活支援金30,000円もらえます!

比較ネットはこちら

 
 
くるみ
くるみ
資料請求した後、しつこい勧誘はないのですか?
資料請求をすると、電話やメールで連絡があるのは普通のことです。
もちろん、電話があったからといって必ず入会しなければならないということではありません。
資料を見て、断りたいと思ったら、きっぱりと断りましょう。

【結婚相談所】しつこい勧誘撃退!資料請求後の賢い断り方

コメント