【結婚相談所】しつこい勧誘撃退!資料請求後の賢い断り方とは?

結婚相談所の勧誘の断り方結婚相談所

「結婚相談所からの勧誘がしつこい・・・」こんな話を聞いたことはありませんか?

結婚相談所の勧誘の断り方

こうした勧誘電話がかかってきたら・・・という思いから、資料請求をためらっている人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は、結婚相談所の勧誘撃退法について解説していきます。

しつこい勧誘は法律で禁止されている

そもそも、結婚相談所は「特定継続的役務提供」と呼ばれるものの一種で、「特定商取引法」の対象になっています。

「特定継続的役務提供」

長期・継続的な役務の提供と、これに対する高額の対価を約する取引のこと。現在、エステティック、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相手紹介サービス、パソコン教室の7つの役務が対象とされています。

出典:特定商取引法ガイド 

 

そして、「特定継続的役務提供」の禁止行為の一つが、しつこい勧誘です。

特定商取引法は、悪徳会社と消費者の間でトラブルが起こらないように、消費者を守ってくれるものです。

ちなみに、結婚相談所ではしつこい勧誘を禁止している他にも、

  • 説明内容に嘘があることを禁止する。
  • クーリングオフを認めること。
  • 契約時は、書類を交付し、重要事項を伝えること。
  • 誇張広告を禁止する。

といったルールが法律で定められています。

断っても断っても、しつこく勧誘してきたり、脅迫めいたことを言われたりしたら、特定商取引法違反となり、最悪の場合は業務停止命令が出ることになります。

しつこい勧誘の断り方

無理の態度をとる女性

ここからは、具体的にどのようにして断るのかをご紹介していきます。

しつこい勧誘電話を断る一言

法律で守られているとはいっても、あまり事を荒だてたくないのが本音ですよね。

そこで、結婚相談所からの勧誘電話を断ることができる、最強の一言があります。

それは、

「結婚しました。」

です。

それだけで、引き下がってくれるの?という感じもしますが、結婚した人には、結婚相談所は必要ありません。

結婚相談所側も、本当に結婚しているかどうかまでは調査しません。

なので、嘘でもかまいません。しつこい勧誘電話は、この一言で断ってしまいましょう。

それでもしつこい時は・・・

「結婚しました」といえば、大概の結婚相談所はあきらめてくれるはずです。

しかし、それでもしつこい勧誘電話が止まない場合は、悪徳会社と見て間違いありません。

そういう時は、

「このまま勧誘が続くようなら、国民生活センター(消費生活センター)に相談させていただきます。」

と毅然と言ってください。

国民生活センター(消費生活センター)は、消費者庁の管轄で、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受け付け、公正な立場で処理にあたっています。

消費生活センターの消費者ホットラインは、

188

でつながります。

ちなみに、土日祝など都道府県の消費生活センターがつながらない場合は、国民生活センターにつながるようになっています。

困った時は、こちらに相談してみてください。

無料相談や資料請求は危険なの?

結婚相談所の資料請求をする

「そんなに勧誘がしつこいなら、資料請求しない方がいいのでは・・・」と思った人もいるかもしれません。

しかし、こうしたしつこい勧誘をしてくる結婚相談所は一部です。

昔は、特定商取引法に指定されていなかったため、こうした手法で会員を増やそうとする結婚相談所も多かったようです。

しかし、指定された今は、こうした手法を取るのは、むしろ会社にとってリスクがあり、よっぽどの悪徳会社しかありえません。

むしろ、無料相談や資料請求をせずに入会を決めてしまうと、自分の思っていたイメージと異なる可能性があります。

けっして安くない、入会費や月会費を支払っていくことになるので、自分が納得した形で、入会するのが1番です。

担当者や結婚相談所の雰囲気をつかむためには、無料相談や資料請求は不可欠なものです。

勧誘を避けるために、無料相談や資料請求をしないのはリスキーであるといえます。

それでも押しが弱くて心配な人は

困った女性

ここまで見ても、「自分は押しが弱くて断ることができない。」「お断りするのは申し訳ない。」と思っている人は、以下の方法を試してみてください。

家族や友達と一緒に無料相談に行く

押しが弱い人は、一人で行くと、担当者の勢いに負けてしまいます。家族や友達と一緒に行くことで、客観的な意見も聞けますし、断る時は、一緒に断ってくれます。数の威力で折れてくれる担当者もいます。

その場では契約の判断をしない

面と向かっては断りにくい人も、電話でなら断りやすくなります。担当者との相談の場で決めてしまわずに、持ち帰るのも手段の一つです。勧誘電話からの断り方は、上記を参照してくださいね。

匿名で質問する

大きな結婚相談所だと、公式ホームページに、匿名で質問できる、お問い合わせフォームがある場合があります。ホームページには書かれていない、細かい内容が気になったら、匿名で質問してみましょう。

まとめ

まとめの画像

いかがでしたか?

結婚相談所側も、会員を少しでも多く集めたくて必死です。ついつい、勧誘に熱が入ってしまう可能性もあるでしょう。

しかし、こちらは、法律で守られている消費者です。しつこい勧誘に負けずに、自分にとって良い結婚相談所を選んでくださいね。

 

 

 

本気で結婚を考えているなら
結婚相談所無料体験診断がおすすめ
結婚は人生を決める大きなイベント!
絶対に失敗したくないですよね。
マッチングアプリや婚活パーティーに参加の男性は、遊び半分の人も...。
その点、結婚相談所には結婚に真剣な男性ばかりが所属していますよ。
まずは無料体験診断をして、あなたにピッタリの結婚相談所を見つけてくださいね。

無料体験診断はこちら

結婚相談所
スポンサーリンク
やぶねこをフォローする
巡り逢えたら🍒

コメント