【結婚相談所】あなたなら大手or中小どっちを選ぶ?

結婚するウサギのカップル結婚相談所
もしかして、迷ってますか?
【保存版】結婚相談所の選び方を徹底解説!失敗したくない女性必見!
資料請求せずに結婚相談所へ入会するとほぼ確実に失敗します!

一社だけの資料請求だと比較ができないので、料金が高いのか安いのかもわからないからです。

結婚相談所によってシステムも様々なので、高い入会金を払った後に「こっちの方が良かった...失敗した...」なんてことにも!

そうならないために、複数の資料請求は必須。まずは「比較ネット」で大手結婚相談所12社の中から、あなたに合った結婚相談所を見つけましょう。

もちろん、資料請求は無料です。

しかも、こちらから資料請求後に入会すれば、婚活支援金30,000円がもらえます!

婚活支援金がもらえるのは「比較ネット」だけなので、結婚相談所に興味があるならこのサイトを利用しないと、かなり損しちゃいます♪

ただ、婚活支援金の支給は、人数に限りがあるので、終了してたらゴメンなさい(^^;)

比較ネットはこちら

婚活の手段として、一般的になってきた結婚相談所。

結婚するウサギのカップル

結婚相談所の選び方が、婚活の成否を左右するので、手を抜くことはできません。

結婚相談所の数も増えており、どのような基準で選べばいいのか悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

今回は、大手の結婚相談所と中小企業や個人経営の結婚相談所のメリット・デメリットをご紹介します。

この記事をご覧になって、自分に合った結婚相談所を選ぶ参考にしてみてください。

大手結婚相談所のメリット・デメリット

大手企業のビル

まずは、大手の結婚相談所です。

CMやインターネットなどでよく名前を見かけるような、結婚相談所がこれに当たります。

大手のメリット

登録している会員数が多い

大手だけあって、名前が知られているため、とりあえず登録してみようと思っている人が多いです。

そのため、会員数も中小・個人経営に比べて格段に多いことが特徴です。

会員数が多いと、必然的に相性がいい人と出会うことができる確率も上がると言えます。

相談所のスタッフに過干渉されない

お見合いをするか否かや、相手へのアプローチも自分次第となります。

自分のペースで婚活を進めることができるのもメリットの一つです。

プロフィールがしっかり確認されている

会員の身元確認がしっかりしている

大手の結婚相談所では、入会前に市役所が発行している「独身証明書」で独身であることの確認を取ったり、有資格者には「資格証明書」を提出させたりなど、会員の身元確認を厳重に行なっています。

そのため、相手のプロフィールは信用していいものといえます。

大手のデメリット

お金が高額入っている

会費が高い

結婚相談所を利用するに当たり、入会金や毎月の会費がかかりますが、大手の場合、これが高くなる傾向があります。

特に、入会金は結婚を真剣に考えている人を絞り込むという意味合いもあり、高く設定されています。

また、結婚相談所によっては、成婚報酬を取るところもありますので、入会する前によく調べておくことが重要です。

手厚いサポートが得にくい

大手の場合は、基本的には自分で婚活を進めていくことになります。

スタッフはあまりタッチしないことが多いため、サポートを得にくいと考えられます。

初対面の人と話すのが苦手な人、自分から積極的に動くことが苦手な人には向いていないかもしれません。

用意する書類が多い

先ほど、メリットに身元確認がしっかりしていることをあげましたが、それは自分も身元確認されることを意味しています。

「独身証明書」、「資格証明書」、「運転免許証の写し(住所の確認)」、「プロフィール用の写真」、「源泉徴収票の写し(年収の確認)」など主だったものだけでもこれだけあります。

手軽に婚活したい人にとっては、ハードルが高いといえます。

中小・個人経営結婚相談所のメリット・デメリット

中小企業で働く社員

続いて、中小・個人経営の結婚相談所のメリット・デメリットをご紹介します。

中小・個人のメリット

入会金や会費が安い

少しでも多くの会員を獲得するために、入会金や会費が安く設定されているところが多いです。

そのため、婚活の期間が長くなったとしても、コストを負担に感じにくくなります。

スタッフが親身

会員数が大手に比べて少ないため、一人一人の性格や状況を踏まえて、適切にアドバイスをくれます。

こうしたアットホームな対応が、魅力の一つです。

結婚にこぎつけた場合の成婚報酬が高めに設定されているため、積極的に婚活を応援したいというスタッフ側の気持ちもあるでしょう。

連盟に加入し、他の結婚相談所と連携している

中小・個人の結婚相談所は連盟に加入していることが多く、結婚相談所間で情報交換を頻繁にしています。

各結婚相談所の会員の情報をお互いの相談所に伝えながら、お見合いを組めるようにしてくれます。

中小・個人のデメリット

会員数が少ない

年収や身長、趣味など、自分の希望で絞り込んでいくと、かなり選択肢が限られてしまいます。

ただし、中小結婚相談所は連盟などに所属していることが多く、連盟に所属している他の結婚相談所の会員とお見合いを設定できるところもあります。

手厚いサポート

スタッフが過干渉

先ほど、メリットの1つにスタッフが親身であることをあげましたが、逆に言えば、かなり干渉してくるという意味でもあります。

人によっては、しつこいと感じたり、うっとうしいと感じる人もいるかもしれません。

自分のペースで婚活を進めたい人には、向いていないという面もあります。

通いにくい結婚相談所が多い

中小・個人の結婚相談所は、少人数で運営しているところがほとんどになります。

そのため、営業時間が短かったり、定休日があったりと、利用者にとっては通いづらい相談所もあります。

働きながら、仕事帰りに結婚相談所に通いたい人にとっては、大きなデメリットといえます。

まとめ

まとめ

大手と中小・個人の結婚相談所では、費用面・スタッフの対応面・会員数の面と大きく違いがあります。

いずれにしても、登録を検討している結婚相談所がどのようなところかをホームページなどでしっかりとリサーチして、自分にあった結婚相談所を見つけてくださいね。

 

アドバイザ
アドバイザー
簡単な診断であなたにピッタリの結婚相談所がわかる!
資料請求は複数するのが当たり前です。
でも、数ある結婚相談所の中から、どこに資料請求したらいいのかも迷いますよね。
なので、まずは比較ネットの無料診断であなたにピッタリの結婚相談所を見つけましょう。
ピッタリの結婚相談所が見つかったら、資料請求!
比較ネットから資料請求をして入会すると、なんと婚活支援金30,000円もらえます!

比較ネットはこちら

 
 
くるみ
くるみ
資料請求した後、しつこい勧誘はないのですか?
資料請求をすると、電話やメールで連絡があるのは普通のことです。
もちろん、電話があったからといって必ず入会しなければならないということではありません。
資料を見て、断りたいと思ったら、きっぱりと断りましょう。

【結婚相談所】しつこい勧誘撃退!資料請求後の賢い断り方

コメント