【結婚相談所】賢く掛け持ち!気になるメリットとデメリットとは!?

結婚相談所の掛け持ちを考えている女性結婚相談所

今、結婚相談所を複数掛け持ちする男性・女性がいることをご存知ですか?

結婚相談所の掛け持ちを考えている女性

結婚相談所というと、1つの相談所に加入して活動するイメージが一般的かもしれませんが、複数の相談所を活用することで、より早く理想の結婚にたどり着けるかもしれませんよね。

ここでは、今どき珍しくない「結婚相談所の掛け持ち」についてご紹介します。

賢く活用することで、しあわせへの最短ルートが見つかるかもしれませんよ!

~結婚相談所~掛け持ちのデメリット

結婚相談所を掛け持ちしたときのデメリットからご紹介します。

費用がかかる

なんといっても、掛け持ちをする上での一番のデメリットは、費用がかかることです。

結婚相談所では、主に下記3つの費用がかかります。

  • 入会費(初期費用)
  • 月会費
  • 成婚料(成婚退会時)

入会費で数十万、成婚料で数十万とかかる相談所もありますし、一方で、入会費無料もしくは成婚料無料を謳う相談所もあります。

ちなみに、上記の費用以外に、お見合い料(お見合い1回数千円など)、面談料(アドバイザーとの面談にかかる料金)が発生する結婚相談所もあります。

掛け持ちするということは、当然、その分費用も多く発生しますので、その点はデメリットと言えるかもしれませんね。

管理が大変になる

結婚相談所では、基本的に、複数の異性とお見合いを実施していくことになります。

その際、担当アドバイザーと連絡を取り合って、進捗を確認していくことになります。

結婚相談所を掛け持ちしていると、どの相談所のサービスを介して知り合った相手で、いつどこで会う予定で、アドバイザーとどんなやり取りをしていたかなど、混乱してくる可能性があります。

そうなってくると、思わぬ予定のバッティングや、会う相手の情報が錯綜してしまったりなど、収拾がつかない状態になってしまう可能性があります。

ですので、複数の結婚相談所を掛け持ちする場合は、スケジュール管理や、検索サービスのシステムの管理など、より一層気を配らなければいけないかもしれないですね。

~結婚相談所~掛け持ちのメリット

ここからは、掛け持ちのメリットを見ていきましょう。

出会いの数が増える!

言わずもがな、最初に挙げられるメリットは、出会いの数が増えることです。

異性との出会いが多ければ多いほど、その中から、あなたの未来のパートナーが見つかる確率は高くなります。

そもそもお会いする相手が少なければ、自然と、成婚の確率も低くなりますよね。

たとえば、異性の会員が2万人いる大手結婚相談所Aと、異性の会員が2.5万人いる大手結婚相談所Bがあったとします。

この2つの相談所を掛け持ちした場合、あなたがお会いできる可能性のある異性の数は、一気に4.5万人に増えます。

実際は、その中でさらに年齢や地域など、あなたの希望に当てはまる異性を絞ることになるのですから、元の母数が多ければ多いほど、より早く、より多く、理想の異性に巡り合えるのではないでしょうか。

中小・零細の結婚相談所は、IBJ(日本結婚相談所連盟)やBIU(日本ブライダル連盟)などの連盟に加盟をすることで、出会いの母数を増やす工夫をしています。掛け持ちをした相談所の加盟する連盟が全く同じ場合、出会いの母数を増やす効果がなくなってしまいますので、ご注意を!

 

複数のアドバイザー(仲人)が味方になってくれる!

結婚相談所では、登録後、専任のアドバイザーが付くことが多いです。

結婚相談所を掛け持ちすることで、あなたには、複数の婚活アドバイザーが付くことなります。

アドバイザーも一人の人間ですので、それぞれ違う価値観・視点があります。

煮詰まったときに複数の助言が得られるのは、あなたの婚活の支えになるかもしれませんね。

アドバイザーのタイプも、気合いを入れてくれる熱血タイプと、やさしく話を聞いて励ましてくれるタイプなど、異なるタイプのアドバイザーが複数いれば、より心強いかもしれません。

あなたが求める場面で、頼るアドバイザーを変えてみると、案外早く婚活を成功させられるかもしれませんよ。

掛け持ちの賢い活用方法は?

早く婚活を成功させるためには、どのようにうまく掛け持ちを活用すればよいのでしょうか。

初めは1か所から

はじめて結婚相談所に登録するときから、複数の相談所を掛け持ちするのは、オススメできません。

なぜなら、結婚相談所というシステムを利用することに慣れていないからです。

慣れてくれば、自身とアドバイザーの相性や、自身の所属する結婚相談所の強み弱みが見えてきますし、デメリットに挙げた管理の煩雑さについても、どのように管理をして行けばよいか、ある程度自身で考えることができます。

掛け持ちを検討するのは、慣れてからでも遅くありませんので、まずはひとつの相談所で活動をしてみることをオススメします。

タイプの違う結婚相談所を掛け持ちした方が良い

結婚相談所には、大きく分けて、下記3つの出会いのサービス体系があります。

  • 仲人紹介型:アドバイザー(仲人)によるお相手の紹介
  • データマッチング型:人の手ではなく、コンピュータによるマッチング
  • 検索型:システムを利用し、自身で気に入ったお相手にお見合いを申し込む

せっかく掛け持ちするのであれば、複数のサービスを組み合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

あなたに合っているお相手の探し方はどんな方法なのか、見えてくると思います。

出会いたい異性を絞って掛け持ちする

結婚相談所は、相談所ごとに所属する会員に特徴があります。

たとえば、地域に根付いた相談所であれば、その地域に住む異性が多くなりますし、その地域の平均年収に近い方が多くなります。

都心の大手相談所であれば、年収の高い男性や、若い女性が多いかもしれません。

そのように、相談所によって、出会うお相手や、相談所の得意分野が異なって来ます。

ですので、あなたの「結婚したい相手」や「結婚によって叶えたいライフスタイル」がより明確になったら、そこに照準を合わせ、あなたが求める市場に強い相談所を掛け持ちするというのも手です。

まとめ

結婚相談所を掛け持ちするうえでのメリットとデメリットをご紹介してきました。

結婚相談所掛け持ちのメリットは、

デメリットは、

  • 費用がかかる
  • 管理が大変になる

メリットは、

  • 出会いが増える
  • 複数人のアドバイザーのサポートが得られる

婚活は、「何かをしたらうまく行く!」というものではありません。

あくまで、あなた自身が求める未来を実現するうえで、どのような戦略を練って進んで行くかが、最重要になります。

結婚相談所を掛け持ちするメリット・デメリットを知ったうえで、あなた自身がどう活動して行くことがご自身のプラスになるか、ぜひ考えてみてくださいね。

本気で結婚を考えているなら
結婚相談所無料体験診断がおすすめ
結婚は人生を決める大きなイベント!
絶対に失敗したくないですよね。
マッチングアプリや婚活パーティーに参加の男性は、遊び半分の人も...。
その点、結婚相談所には結婚に真剣な男性ばかりが所属していますよ。
まずは無料体験診断をして、あなたにピッタリの結婚相談所を見つけてくださいね。

無料体験診断はこちら

結婚相談所
スポンサーリンク
えるもをフォローする
巡り逢えたら🍒

コメント