正しいドライヤーの使い方と間違えたドライヤーの使い方とは!

ドライヤーで髪を乾かす女性 ヘアケアの基本

毎日のように使っているドライヤー。

ドライヤーで髪を乾かす女性

今では無くてはならないアイテムですが、正しい使い方をご存知ですか?

特に何も考えることなく使っていたりもしますよね。

でも、毎日のように何気なく使っているドライヤーが、髪を傷める原因になっているかもしれません。

そこで今回は、正しいドライヤーの使い方と、やってしまいがちな間違った使い方をご紹介します。

正しい使い方をマスターして、艶やコシのある髪を目指したい方は必見ですよ。

ぜひ最後までご覧ください。

ドライタオルで下準備をする

まずは、ドライヤーで髪を乾かす前の下準備です。

ドライタオルで水分を拭き取りましょう。

いきなりドライヤーで乾かそうとすると髪を痛めてしまう可能性があるためです。

キューティクルを守るためにもしっかりと下準備をしましょう。

タオルで髪を拭く女性

ドライタオルを使う際のポイントは、次のとおりです。

  1. タオルを頭に乗せて、頭皮マッサージをするように優しく揉む。
  2. 水がしたたらない程度まで拭き取ります。
  3. 中間から毛先は、タオルで包んで優しくポンポンと叩いたり挟んだりして、タオルに水分に移します。

 

髪が絡まって、うまく指が通らないときは、目の細いクシやブラシを使うとほぐれます。
でも、髪は濡れている時が一番デリケートなので、無理にとかさないようにしましょうね。
 

ドライヤーの正しい使い方

次に、ドライヤーの正しい使い方についてご紹介します。

正解

 

乾かす順番

乾かす順番は、次のとおりです。

  1. 前髪(根元から毛先)
  2. 襟足・もみあげ(根元から毛先)
  3. その他の根元
  4. 中間
  5. 毛先

 

前髪は、変な癖がつきやすいので先に乾かします。

また、襟足やもみあげは髪の量が多いので、前髪の次に乾かします。

最後に全体的に乾かします。

すべてに共通することは、根元から毛先に向かって乾かすということですね。

頭皮に近い根元から乾かす理由は、頭皮に細菌が繁殖する前に乾かしてしまった方が清潔だから!

正しい順番で素早く乾かすようにしましょう。

 

ドライヤーを使う時のポイント

ドライヤーは、髪を持ち上げ引っ張りながら、分け目に向かってかけます。

いきなり冷風をかけるのではなく、まずは温風をかけましょう。

その際、髪からドライヤーを10センチくらい離し、一か所に熱が集中しないように、ゆらゆらとかけるのがポイントです。

ドライヤーを振ることによって、ムラなく温風をかけることができます。

また、髪の成分であるタンパク質が、熱で壊れてしまうのを避ける意味もあります。

 

ドライヤーで髪を乾かす女性

 

熱を与えすぎると、髪は固まってしまうことがあるんです。

タンパク質が集まって固まってしまうと、あちこちに埋まらない空洞(ダメージホール)ができてしまいます。

そして、キューティクルが剥がれたところから、内部のタンパク質やその他栄養素が漏れてしまいます。

 

美髪のイメージ

 

髪全体の8割程度を温風で乾かし、残りの2割は冷風で乾かしましょう。

冷風で髪を冷やすことで、キューティクルが引き締まり、髪の痛みを防ぐことができます。

 

前髪を乾かす時のコツ

まずは、前髪を乾かします。

前から髪を乾かそうとすると、髪が割れたり乱れてしまう原因になるので、上方向から左右にドライヤーを振りながら乾かすと良いですよ。

後ろ髪から全体を乾かす時のコツ

空間を作るようにすると、風通りがよくなり乾きやすくなります。

また、後ろ髪は乾きにくいので、乾かし方が甘いと臭いやフケの原因になるので気をつけましょう。

髪をセットするときのコツ

風を弱くして、冷風でセットします。

ブラシで髪を内側から少しずつすくい、斜め上からゆっくりと髪をとかしながら、下に引っ張るようにして乾かしていきます。

 

間違えたドライヤーの使い方5選

最後に間違ったドライヤーの使い方です。

間違い

 

同じ場所に温風をあて続ける

同じ場所に熱を与え続けると、キューティクルが剥がれてしまいます。

水分や必要な栄養素が外部に流れだして髪のダメージにつながります。

髪の方を揺らす

ドライヤーを当てるときにやってしまいがちなのが、髪を揺らすことです。

正しくは髪を揺らすのではなく、髪は持ち上げるだけでドライヤーを揺らして使いましょう。

髪を揺らすことで摩擦がおき、髪にダメージを与えてしまう原因になるためです。

 

水がしたたるほど髪が濡れている状態

髪から水滴が落ちるほど濡れている状態で、いきなりドライヤーで乾かし始めるのはNGです。

ドライヤーをかけ過ぎると、乾かすときのムラになったり、髪を傷めてしまう原因になるためです。

ドライタオルで適度に水分を取ってあげることが大切です。

 

ツヤは風力で出す

髪のツヤは、熱の力で出すのではなく、実は風力で出します。

なので、風力の段階を選べるドライヤーを使うようにしましょう。

 

下から上に髪を乾かす

下から上、つまり毛先から根元見向けて乾かすと、髪を傷める原因になります。

根元から毛先に向けて乾かなないとキューティクルが剥がれてしまうためです。

 

まとめ

まとめ

 

今回は、ドライヤーの正しい使い方をご紹介しました。

ポイントは、

  • ドライタオルを使って下準備
  • 根元から毛先に向けて乾かす
  • 熱を一点に集中させない

ことです。

意外と間違えて使っていた方もいるのではないでしょうか。

正しいドライヤーの方法は、今日からでも実践できることなので、ぜひ試してみてくださいね。