アミノ酸シャンプーを使うと臭くなる?その原因と解決策とは!

鼻をつまむ女性 アミノ酸シャンプー

頭皮に優しくて人気のあるアミノ酸シャンプー。

鼻をつまむ女性

でも、アミノ酸シャンプーを使うと頭皮が臭くなるという話を聞いたことがありませんか?

間違った使い方をして、本当に臭くなったら嫌ですよね。

そこで今回は、アミノ酸シャンプーを正しく使い、臭くならない方法をご紹介します。

正しく使えば、臭くならないのはもちろん、頭皮トラブルの改善も期待できます。

ぜひ最後までお読みください。

頭皮が臭くなる原因

毎日お風呂に入っているのに、頭皮から臭い匂いがするのはいやですよね。

なぜ、臭くなるのか原因を調べてみました。

首をかしげる女性

 

汚れを落としきれていない

アミノ酸シャンプーは肌には優しいですが、その反面、洗浄力が弱いので一度では皮脂が落としきれない場合があります。

特に皮脂の分泌が多い方は、アミノ酸シャンプーで皮脂汚れを落としきれない場合もあり、頭皮が臭くなる原因となってしまいます。

 

シャンプーやコンデショナーのすすぎ残しがある

シャンプーの洗剤料が髪に残っていると、余分な皮脂と混ざって臭い匂いの原因となる場合があります。

すすぎが不十分な場合は、頭皮の汚れが残り雑菌や匂いの原因となります。

 

紫外線のダメージによって皮脂から臭いがする

紫外線のダメージを受けて、皮脂が酸化することによって頭皮から臭いがする場合もあります。

 

臭くならないための5つの方法

臭い匂いの原因を解決をして、頭皮の状態を正常に保つ方法を5つご紹介します。

 

正しいシャンプー方法で洗う

シャンプーする女性

ブラッシング

シャンプーの前にクッションブラシで頭皮をマッサージしながら髪をとかす。

予洗い

シャンプーをつけずに、お湯だけで1~2分予洗いをする。

34℃~35℃くらいのお湯でしっかりと髪を根元から手を通しながら、ゆっくりとワックスなどの整髪料を落とすイメージで洗いましょう。

アミノ酸シャンプーで洗う

シャンプーを手に取って、水と空気を混ぜて泡立てをしっかりします。

頭頂部や後頭部は、汚れや油が残りやすいので、しっかりと指の腹でマッサージをするように洗います。

すすぐ

3~5分かけて、しっかりとすすぎましょう。汚れや余分な皮脂を落とすことが大切です。

 

シャンプーの泡立ちが足りないと感じた場合は、アミノ酸シャンプーの場合は頭皮への負担も少ないので、2度洗いをすることで、余分な脂や汚れをしっかりと落とすようにしましょう。
 

 

シャンプーの頻度を考える

シャンプーの頻度は、頭皮の状態や生活スタイルによっても変わってきます。

通常は、1日1回、その日の汚れを夜に落とすのが良いですね。

朝シャンは、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があるので、避けた方が無難です。

もし、朝に髪のべたつきを感じる時は、お湯だけで洗うことををおすすめします。

アミノ酸シャンプーで正しい方法で洗えば、頭皮の状態も良くなってくることが期待できます。

シャンプーの頻度は、汚れはしっかりと落とし、必要な皮脂は落とさないような頻度を見つけましょう。

 

髪を濡らしたまま放置しない

ドライヤーで髪を乾かす女性

どんなに丁寧に髪を洗っても髪が濡れたまま放置では、雑菌が繁殖して頭皮が臭くなる原因となってします。

正しいシャンプー同様、正しい髪の乾かし方を行うようにしましょう。

ドライタオル

ドライヤーを使う前に、タオルで水分を取りましょう。

ドライタオルをする際は、根元から水分を吸い取るようにします。

この時に擦らないように注意しましょう。摩擦による頭皮へのダメージを抑えるためです。

毛先は、タオルでぎゅっと抑えて水分を取るようにします。

ドライヤーの乾かし方

根元から中間、毛先の順に乾かすようにしましょう。

根元を乾かすときは、特に乾きにくいところは髪を分けて乾かすなど工夫をしましょう。

髪の中間は、前から風を当てて髪を上に持ち上げながら、均等に乾かすようにします。

ドライヤーは、20センチほど離れたところから、こまめに動かして一か所に集中しないようにします。

 

食生活の見直し

バランスの良い食事

皮脂の分泌が活発になりやすい食材は、

  • 油っぽいもの
  • スイーツ
  • 唐辛子などの刺激物

です。

思い当たる方は、摂取量を減らすようにしてくださいね。

 

反対に、積極的に取りたい栄養素は、

  • ビタミンC(キウイフルーツ、レモン、キャベツ、赤ピーマンなど)
  • 亜鉛(アーモンド、大豆製品、ごま、いわしなど)
  • 鉄分(ほうれん草、牛肉、干しエビ、まぐろなど)
  • タンパク質(とりささみ、きなこ、油揚げ、生ハムなど)
  • ビタミンB群(豚肉、うなぎ、ナッツ類、まぐろ、かつおなど)

となります。

 

質の良い睡眠をとる

成長ホルモンは、日中に受けたダメージを回復させる作用があります。

深い眠りと浅い眠りの繰り返しが大切です。

7時間くらいは、睡眠をとりたいところですね。

質の良い眠りを取ることによって、成長ホルモンが活発化して、頭皮を綺麗に保つことが出来ます。

 

まとめ

まとめ

今回は、アミノ酸シャンプーで頭皮が臭くなる原因と臭くならないための対策をご紹介しました。

おさらいすると、原因は、

  • 汚れを落としきれていない
  • すすぎ残しがある
  • 紫外線によるダメージ

でした。

対策としては、

  • 正しいシャンプー方法で洗う
  • シャンプーの頻度を考える
  • 髪を濡らしたまま放置しない
  • 食生活の見直し
  • 質の良い睡眠をとる

でしたね。

特に、正しいシャンプーの方法で「予洗い」は大切です。

予洗いをしっかりしてから、アミノ酸シャンプーを使ってみてくださいね。