頭皮マッサージで得られる3つの効果とセルフケアの取り入れ方

頭皮マッサージ ヘアケアの基本

美容院でヘッドスパをしてもらったり、マッサージ店で頭をほぐしてもらう時って、気持ち良いですよね。

頭皮マッサージ

 

とっても気持ち良いのですが、頭皮マッサージをすると何か良い効果があるのでしょうか。

  • 頭皮マッサージをすると、どんな良いことがあるの?
  • 普段、自分でも出来るのかな?

など、気になりますよね。

この記事では、頭皮マッサージで得られる効果とセルフマッサージの取り入れ方や、注意点についてもご紹介していきます。

正しいやり方や知識を身につけて、心も体もリラックスした快適な毎日を過ごしましょう。

 

頭皮マッサージで得られる効果

頭皮を刺激することで、どんな良い効果が期待できるのでしょうか。

セルフマッサージ

 

血流が良くなり、栄養を運んでくれる!

頭皮マッサージをすると、頭皮が柔らかくなり血流がアップします。

例えば、運動をした後は身体が温まりますよね。

頭皮にも少し運動(=刺激)を加えてあげることで、温まって血流が良くなるのです。

そうすることで、髪を生み出す細胞や健康な髪を育てる細胞に必要な栄養を、土台となる頭皮へ送り届けることが出来ます。

ツヤやコシのある健康な髪の毛を育てる為には、頭皮全体の状態を整えてあげることが、とっても大事なのです。

 

毛穴詰まりを解消

頭皮が硬いと、古い角質や汚れが上手に排出されず、毛穴に詰まったまま頭皮トラブルの元となります。

また、それらは嫌なニオイの原因にもなります。

しかし正しい頭皮マッサージをすることで、汚れをしっかりと浮き上がらせることができ、トラブルや嫌なニオイとは無縁の綺麗な地肌を手に入れることが出来ます。

 

美肌効果

頭皮も顔と1枚の皮で繋がっています。

ですので、頭皮マッサージをするとお顔まで血行が良くなり、シワ・たるみの改善にも期待できます

頭皮まで栄養が送られることによってお肌にも栄養が送られ、美肌を手に入れられるんですね。

また、頭皮の凝りをほぐすことで顔の筋肉もほぐされ、フェイスラインも持ち上がり小顔効果も!

自宅でも出来る、セルフマッサージ

セルフマッサージの取り入れ方をご紹介します。

手指

特別な道具がなくても、自分自身の手や指で頭皮をほぐすことが出来ます。

頭全体を拳で円を描くように揉みほぐしたり頭のツボを指の腹で押し刺激したり指先で頭皮を軽く叩くようにはじいたり

ご自身が心地よいと感じるマッサージを、1日2〜3回行うと効果的です。

このとき爪が伸びていたりすると頭皮が傷ついてしまうので、注意してください。

 

ブラシ

パドルブラシ

ブラシでのマッサージでは、面の広いパドルブラシがオススメです。

また、クッション性のあるものを選ぶと頭皮を傷めません。

ブラシマッサージは、シャンプー前の乾いた状態で行うようにしましょう。

髪をとかしつつ、ブラシ部分で頭皮のマッサージを行います。

ポンポンと頭皮全体をリズム良く叩いてあげるのも、とても気持ちが良いです。

 

電動の頭皮エステマシーン

入浴中にシャンプーをしながらマッサージをしたいという方には、電動で防水の頭皮エステマシーンがオススメです。

人の手指の動きを研究して作られているものなので、とっても気持ち良くシャンプーをすることが出来ます。

洗い上がりも汚れが良く落ちてスッキリ!

手指マッサージやブラシに比べると少しお金がかかってしまいますが、ヘッドスパなどに数回通うと思えば元が取れてしまうので、良いかもしれませんね。

頭皮マッサージする際の注意点

トラブルを抱える女性

先ほど、手指のマッサージについてのお話でも触れましたが、爪で頭皮を傷つけないように気をつけましょう。

頭皮に傷がつくと、バイ菌が入ってしまったりと頭皮トラブルの元になり兼ねません。

また1日のうち、シャンプー前やシャンプー中、ドライヤー時など気づいた時に頭皮マッサージを行うのがオススメです。

ですが、やりすぎたり長時間行ってしまうと頭皮を傷めてしまったり、腕や肩が疲れてしまいますので気をつけましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

頭皮マッサージをすることによって頭皮や髪、お肌までも綺麗になれるということが分かりましたね。

何より、心地良いと感じられることが心と体のリラックスに繋がるのではないでしょうか。

今日からシャンプー前などに、頭皮マッサージを取り入れてみてはいかがですか?