白髪を改善したい女性必見!3つの原因と自宅で出来る簡単セルフケア

ヘアケアの基本

昔から「苦労する人は白髪が多い」…なんて、よく言われていますよね。

休みの日に張り切ってオシャレして髪をアップにして、さあ出かけよう!そう思った矢先、鏡に映った目立つ白髪を見て驚愕…。なんて思い、したことはありませんか?

そんな白髪にお悩みの女性に朗報です!

この記事では、簡単に出来る白髪改善のセルフケアについて、わかりやすく解説していきます。

白髪ができるメカニズム

まずは、白髪ができるメカニズムについて簡単にご紹介します。

そもそも白髪はどうやってできるの?

実は、髪の毛は元々白いのだそうですよ。ちょっと驚きですね。

その白い髪の毛が、頭皮内で成長する時にメラニン色素によって色付けされ、黒くなります。

つまり、白髪=「メラニン色素の働きが正常ではない髪」という事になります。

 

ヘアサイクルと白髪の関係

ヘアサイクルのイメージ

当たり前かもしれませんが、髪の毛にも寿命があります。

男性で3~5年、女性は4~6年のサイクルで生まれ変わると言われています。

そして、髪の毛が生え変わる時(脱毛)に、髪の毛とともにメラニンの元(メラノサイト)も無くなります

健康な頭皮だと再びメラニンができるのですが、何らかの原因でメラニンができないと白髪になるという訳です。

ですので、白髪は髪の毛の先からなることは無く、根元から白くなります。

女性の白髪~3つの主な原因

では、どうしてメラニン色素が正常に働かなくなるのでしょうか?

原因は様々ですが、主な原因を3つご紹介します。

 

加齢

仕方ないことかもしれませんが、年を重ねると白髪が増えますよね。

加齢によってメラノサイトも弱くなるためと言われています。

 

毎日の生活習慣

バランスの悪い食事、シャンプーで擦りすぎ、パーマやカラー、睡眠不足etc.

これらによって頭皮の中のメラニン色素にダメージを与えてしまい、白髪が増えることもあります。

 

ストレス

ストレスのイメージ

現代はストレス社会。皆さん多かれ少なかれストレスを抱いて生活していますよね。

ストレスは活性酸素を増やし、血液の流れを阻害します。

すると、髪に色を付ける細胞「メラノサイト」まで栄養が行き渡らなくなってしまい、メラニン色素の働きが悪くなってしまいます。

 

白髪を改善したい女性のための簡単セルフケア

それでは、どんな対策をすると効果的なのでしょうか?

簡単にできる対策をご紹介しますので、ぜひあなたも実践してみてくださいね!

生活習慣の見直し

規則正しい生活のイメージ

規則正しい生活で体のリズムを整えることは、白髪対策だけでなく美容や健康にはとても大切です。

いきなり大きく変えるのは難しいと思いますが、10分でも5分でも早く寝るようにして、早寝早起きの習慣をつけましょう。

また、適度な運動や好きなことに時間を使う(趣味)など、ストレスを発散することも大切です。

 

紫外線から頭皮を守る

紫外線による日焼けで、頭皮にダメージを与えてしまうとメラニン色素に影響が出てしまいます。

帽子や日傘を使う、分け目を変える、UVスプレーを使用する 等で対策しましょう!

 

ヘアケア用品の見直し

スカルプ専用用品や頭皮用美容液を使用するなど、頭皮にハリや弾力を与えるためのものを選びましょう。

頭皮ケアによる効果は、「これから生えてくる髪の毛に対してのケア」になるので、効果が半年〜1年ほどかかると言われています。

諦めずに気長に続けていきましょう!

 

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージのイメージ

頭皮に筋肉はありません。

自分で動かすことが出来ないので、手を使って動かしてあげる必要があります。

シャンプーのついでに頭皮マッサージを行い、栄養を行き渡らせましょう!

また、特別なケアとしてプロにスカルプやヘッドスパをしてもらうのも良いですね。

 

食事で栄養を摂る

ミネラルや亜鉛を含む海藻類、魚介類、キノコ類など髪の毛に良いとされる食べ物を積極的に摂るのは、もちろん良いと思います。

ただ、それと同時に、添加物を多く含んでいて身体によくない食べ物を摂らないことも大切です。

また、髪の毛に限らず、身体を健康的に保つには、様々な栄養が複雑に影響しあっていますので、髪に良いからと言って一つの栄養素に偏った食事はおすすめできません。

やっぱりバランスが一番大切です。

「まごわやさしい」という言葉はご存知ですか?

「ま」=豆、「ご」=ごま、「わ」=わかめ(海藻)、「や」=野菜、「さ」=魚、「し」=椎茸(きのこ)、「い」=芋 のことです。

毎日の食事に、「まごわやさしい」を取り入れてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ふとした時に気になる白髪…なるべくおさらばしたいですよね。

もう年だからと諦めるのではなく、毎日の習慣ちょっとした工夫で白髪が改善することもあります。

まずは、できることから始めてみましょう。

それでも、やっぱり白髪が気ななるという方は、女性専用の白髪染めもたくさん販売されています。

今からできることはいくらでもありますので、あまり悩みすぎないようにして、白髪の改善を目指していきましょう。