髪のトラブルは紫外線のせい?~髪を紫外線から守る正しいケアとは?

髪を気にする女性 ヘアケアの基本

毎日、きちんとトリートメントを使って髪に気を使っているのになぜか最近、髪の毛が

  • 潤いがなくパサつきやすい
  • ゴワゴワしてまとまりにくくなった
  • 毛先が傷んでいて、枝毛が気になる

という方もいます。

髪を気にする女性

 

実は、その原因が意外にも紫外線にあるかもしれないことをご存知ですか?

せっかく毎日ケアしているのに、紫外線によるダメージを受け続けていたら嫌ですよね。

そこで今回は、紫外線が髪にもたらす悪影響と髪を紫外線から守る正しいケアをご紹介します。

しっかりと対策することで、髪の健康を取り戻せるかもしれません。

ぜひ最後までご覧ください。

 

紫外線が髪にもたらす悪影響

ここでは紫外線が髪にもたらすダメージを詳しくご紹介します。

髪に紫外線を浴びる女性

 

髪のツヤがなくなり、パサつきの原因に

髪のツヤや潤いを保つ際に欠かせないのがキューティクルです。キューティクルは髪の一番外側にあって髪を保護する役割をもっています。

綺麗な髪にとって大事なキューティクルですが、紫外線を浴びることではがれやすくなってしまうのです。

キューティクルがはがれてしまうことで髪の毛の水分や栄養が流れ出てしまうため、髪の毛が乾燥してツヤを失い、パサつくようになってしまいます。

 

切れ毛・枝毛が増える

髪の毛は主にたんぱく質でできています。

そのたんぱく質は、アミノ酸の結合によって構成されています。

紫外線には、この結合を壊してしまう作用があるので髪がもろくなってしまうんですね。

そのため、摩擦などで切れ毛や枝毛にもなりやすいのです。

 

髪の変色・カラーリングの持ちが悪くなる

髪の毛の中には髪の色をつくるメラニンがあります。

紫外線はそのメラニンを分解してしまう作用があるので髪の毛の色素が抜け落ちてバージンヘアの人は赤茶色化してしまうのです。

さらにカラーリングしている人の髪はメラニンが染めていない人に比べて少ないのでより影響を受けやすいので注意が必要です。

 

髪や頭皮の老化が進行

頭皮も顔や肌と同様に老化してしまうのはご存じでしょうか?

紫外線を浴びることで頭皮がダメージを受けて、老化が進行しやすくなり、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまいます。

 

紫外線はこんなにもたくさんの髪に良くない影響を持っているのです。

これから紫外線量が多くなる夏になるとさらなるダメージを受けかねません。

だからこそ日々のケアが大切なのです。

髪を紫外線から守る正しいケア

ここでは髪の紫外線対策についてご紹介します。

髪は体の中でも一番上にあるのでそれだけ紫外線を多く浴びます。

お肌以上にしっかりと対策をしましょう。

 

紫外線対策グッズ

 

UVスプレー

UVスプレーなら髪形をキープしつつ、べたつかないというメリットがあります。

髪の毛から15センチほど離して頭のてっぺんから毛先の方までまんべんなくつけましょう。

ただし日焼け止めと同様にこまめに付けなおす必要があります。

2~3時間おきに付けなおすとより効果を保つことができます。

 

UVカット機能があるトリートメント

今ではUVカット機能があるトリートメントが存在します。

トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあります。

よりおすすめなのは洗い流さないトリートメントです。

洗い流さないトリートメントは髪の外側についてバリアのような働きをしてくれるので紫外線予防にはうってつけです。

オイルタイプやミルクタイプなど種類が豊富なので自分の髪の性質に合ったものをチョイスしてみてください。

 

帽子・日傘

手軽に紫外線予防ができるものとしては帽子をかぶるか日傘を差すことが挙げられます。

帽子はUV加工を施しているものや、つばが広いものなどがおすすめです。

その日の髪形を崩したくないという方には日傘の方が適しています。

日傘なら髪や頭皮だけでなく全体的に紫外線を予防できるというメリットがあります。

 

紫外線を浴びてしまったときに行うべきアフターケア

レジャーなどで外出した際、ついうっかり紫外線を浴びてしまったということは少なくありません。

そんなときでもしっかりとしたアフターケアをすることで受けてしまったダメージを最小限に抑えることは可能です。

そこで紫外線を浴びてしまったときにできるアフターケアの方法をご紹介します。

 

美髪のイメージ

 

シャンプー前にブラッシング

紫外線を浴びた後の髪は傷つきやすくなっています。

なので、シャンプー前に絡まっている髪を丁寧にブラッシングしてほぐしておくことが大切です。

こうすることでシャンプーの際におこる摩擦を少なくしてダメージを最小限にすることができるのです。

髪が長い人は毛先から徐々に根元のほうを梳かしていくことで髪が引っ張られたり、絡まるのを防ぐことが出来ます。

 

トリートメントで補修

紫外線で髪が傷んでしまったときは、ダメージを補修することが大切です。

しっかりともみこんだり、ヘアーキャップや蒸しタオルなどを使って髪を温め、いつもよりもトリートメントを浸透させましょう。

傷みが出やすい毛先などには重点的につけていくと効果的です。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は紫外線がもたらす髪へのダメージと紫外線予防の方法、紫外線を浴びてしまったときに行うアフターケアをご紹介しました。

髪は肌に比べて約5倍近くの紫外線を浴びているともいわれており、普段からケアをすることが大切なのです。

これから本格的に夏が始まり、ますます紫外線対策は重要になっていくでしょう。

ぜひ紫外線対策をして綺麗な髪をキープしてくださいね。