ストレスが髪に与える4つの影響と注意したい3つの習慣!

ストレス ヘアケアの基本

毎日の生活でストレスを受け続けると、心も体も病んでしまいますよね。

ストレス

そんなストレスですが、髪に与える影響をご存知ですか?

知らず知らずのうちに、頭皮や髪の状態が悪化していたら嫌ですよね。

そこでここでは、ストレスが髪に与える影響と注意したい悪い習慣についてご紹介します。

習慣を少し変えるだけで、あなたの髪の悩みが軽減できるかもしれませんので、ぜひ最後までご覧ください。

ストレスが髪に及ぼす影響

ストレスがたまると、白髪が増えたり抜け毛が増えたり、気が付いたら円形脱毛症になっていたりと髪にも悪影響が出てくる可能性があります。

不思議なことに、気にすればするほど、そのストレスでひどくなってしまったり・・・。

でも、どうしてストレスで、髪にまで影響がでてしまうのでしょうか?

 

血行不良

 

ストレスを抱えた女性

 

ストレスによる髪への影響の1つ目は、血行不良で栄養が届きにくくなることです。

ストレスがかかると自律神経のバランスが崩れ、血管が縮んで血流が悪くなります。

髪を作る栄養は、血液にのって全身に送られていますよね。

血流が悪くなると、頭皮や髪にも栄養が届きにくくなってしまうのです。

毛根に栄養が届かないと、太くしっかりした髪は作れません。

細く痩せた髪だと、頭皮が目立ってしまったり、抜けやすかったりします。

血行不良が、髪に悪影響を与えることは間違いないでしょう。

 

睡眠不足

 

ストレスで眠れない女性

 

ストレスによる髪への影響の2つ目は、睡眠不足で髪の修復ができないことです。

私たちは、睡眠中に体の成長・修復をしています。

特に、眠りについてから初めの3時間(深い眠りに入っているとき)のゴールデンタイムは、体を成長・修復してくれる成長ホルモンがたくさん分泌されています。

なので、深い眠りにつくこと(質の良い睡眠)が、髪にも体にも良いです。

しかし、ストレスを抱えている時は、睡眠不足になってしまいがちです。

寝付きも悪くなりますし、夜中に何度も目が覚めたり、眠りも浅くて寝た感じがしなくなったりすることも多々ありますよね。

睡眠不足だと、せっかくの成長ホルモンの効果も得られません。

放っておくとダメージをため込んで、抜け毛などのトラブルにつながってしまうので、注意が必要ですね。

 

亜鉛不足

 

髪を気にする女性

 

ストレスによる髪への影響の3つ目は、亜鉛の減少によって薄毛になりやすくなることです。

ストレスを感じると、体内に活性酸素が作り出されます。

活性酸素を退治するには、体内の亜鉛が重要な役割を果たします。

そのため活性酸素の退治に亜鉛が使われてしまい、亜鉛が不足してしまうんです。

一方で、亜鉛は新しい髪を作るためにも大切な栄養素です。

なので、活性酸素に亜鉛が取られてしまうと、新しい髪が育ちにくくなってしまいます。

 

亜鉛を摂るには、牡蠣などの魚介類や牛肉など亜鉛の多く含む食品を意識して食べるようにしてみましょう。

ビタミンCやクエン酸も一緒に取ると亜鉛の吸収がよく、効率よく亜鉛を摂ることができます。

亜鉛のサプリメントを生活に取り入れるのも良いですよ。

 

活性酸素とは、細胞を老化させてしまう酸素。悪い働きのみではありませんが、増えすぎてしまうと新陳代謝を下げてしまったり、肝臓などの不調や悪玉コレストロール(LDL)と結びつくと動脈硬化の原因になったりします。

 

メラニン色素の不足

 

白髪

 

ストレスによる髪への影響の4つ目は、色素が作れずに白髪になってしまうことです。

実は、髪はもともと白いのですが、健康的な髪はメラニンによって黒色をしています。

でも、不安やプレッシャーに長い間抱え続けてしまうと、色素細胞を活性化させる働きを持つメラニン細胞(メラノサイト)の調子がおかしくなってしまいます。

そのため、色素を作れなくなって白髪になってしまうのです。

 

ストレスを解消するために、趣味に打ち込む時間をとってみましょう。
カラオケで思いっきり歌ったり、天気のいい日には自然の多い場所に出かけてみるなど、リフレッシュが大切ですよね。

注意すべき習慣と対策

私たちが日常的に何気なくしている習慣の中にも、ストレスにつながっている行動があります。

次は、そんな注意すべき習慣と対策をみていきましょう。

 

運動不足

仕事をしていると、会社や勤務先と自宅の往復が増えて運動不足になりがちです。

仕事でデスクワークをしている方は、特に注意が必要です。

運動不足だと血行が悪くなってしまいますよね。

前述したように、血行不良は、白髪や抜け毛の原因の一つ!

 

サイクリングをする女性

 

<対策>

運動不足になりがちな方は、次の方法を試してみましょう。

  • 通勤や外出時、最寄のバス停や駅の一つ手前で降り、歩く距離を伸ばす。
  • 散歩やランニングなどを習慣にする。
  • ヨガやジム・テニス教室などの習い事をしてみる

気になるものがあれば、試してみてくださいね。

 

夜更かし

スマホでのラインやネットサーフィン、動画視聴、ゲームなど面白いことってたくさんありますよね。

楽しみすぎて、「気が付いたら遅い時間になってしまった」なんてことありませんか?

でも、夜更かしは、もちろん睡眠不足のもとです。

睡眠不足になると、前述したように髪・頭皮の修復ができず、ダメージをため込んでしまいます。

 

アロマ

 

<対策>

まずは、寝る前にスマホをしないようにしましょう。

また、スマホをしてないのに眠れない時は、寝る前にホットミルクを飲むのがおすすめです。ヒーリングミュージックを聞いたり、好きなアロマを焚くのもいいですね。

 

偏った食事

スーパーやコンビニ、ファストフード店などに出かけると美味しいものがたくさん並んでいますよね。

ついつい、好きなものに偏ってしまうこともありますよね。

ですが、ハンバーガーやポテチといったジャンクフードばかり食べるのはNGです。

栄養が偏ってしまい、髪に悪影響を与えかねません。

もちろんアルコールの摂りすぎもやめましょう。

 

バランスの良い食事

 

<対策>

ジャンクフードやアルコールはあくまで嗜好品と考え、毎日のように摂るのではなく、たまに自分へのご褒美として摂るくらいがいいですね。

そして、普段の食事は、和食を中心としたバランスの良い食事を心掛けましょう。

バランスの良い食事を摂るときは、「まごわやさしい」という言葉を思い出してください。

「まごわやさしい」とは
「ま」=豆(豆腐、納豆など)、「ご」=ごま(ナッツ類も含む)、「わ」=わかめ(海藻類)、「や」=野菜、「さ」=魚、「し」=椎茸(キノコ類)、「い」=芋、のことです。

まとめ

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

ストレスが髪に与える影響は、

  • 血行不良
  • 睡眠不足
  • 亜鉛不足
  • メラニン色素の不足

による抜け毛や白髪など、頭皮の状態と髪の成長に関することでした。

髪をストレスなく維持していくためにも、当てはまった方は、対策にチャレンジしてみてくださいね。